債権回収サポート/売掛金・未収金・不良債権の回収【内容証明・債務承認書・公正証書・告訴状などの作成およびコンサル】

債権回収

法務歴15年のプロが売掛金・未収金・不良債権の債権回収をサポート

元サラ金取立てNo.1の行政書士が債権回収をサポート致します。
サラ金取り立てNo1が断言します。
「法律」は、道具の一つに過ぎません。
法律だけでは充分な債権回収は期待出来ません。
それどころか、証拠がない場合など、そのまま裁判をしても、勝つ見込みはありません。
法的な手続きによって回収できる債権の99%は、適切な対応を取ることによって、裁判によらずに回収することが可能です。

建築関係の請負工事代金、未払賃料、病院・委員の治療費、商品やサイトなどの制作・委託業務代金、月謝、会費、組合費、立替払い金、未収金、他。

何がなんでも債権回収したい。絶対に泣き寝入りはしたくない。

チェック 約束を破られて、とても許せない。
チェック 善意を踏み躙るとは馬鹿にしてる。
チェック 儲け話や悲惨な話などで騙された。
チェック 回収にあまり経費をかけられない。
チェック 踏み倒しは、見逃す訳にいかない。
チェック 言い訳や弁解ばかり聞きたくない。

等など…。

債権回収は、初期段階での適切な措置が大切です。
債権の回収においては、その債権の種類や発生原因、証拠の有無、不払いの理由など、事実経緯や現在の状況の把握・確認が最重要です。
無闇に電話や書面、訪問による請求を繰り返したり、安易に内容証明を出したり訴訟を起こせば良いというものではありません。
最悪の場合、適切な方法を行えば回収できたはずの債権まで、回収不能な状態に悪化させてしまうことも珍しくありません。

借用書や契約書、FAX、振込明細、などの証拠の有無とその内容
元交際相手や元配偶者、親友、親族など、私的な関係の有無・内容
感情的なもつれや商品欠陥・瑕疵等の支払拒絶の理由の有無・内容
詐欺や暴行・横領、悪徳商法、などの刑事事件性の有無とその内容
相手方の取引先や勤務先、親族・資産などの情報把握の有無・内容
等など、ケースバイケースで、回収の難易度や取るべき回収方法は異なります。


売掛金の債権回収に関するチェック項目


代表者プロフィール


■代表者プロフィール

H9年〜H15年 全国400店舗を有する某消費者金融で入社当初から営業支店の回収実績No.1をキープ
法曹債権(債務整理や破産)の回収担当となり、数十店舗のブロック責任者を経て、本社の法務統括責任者に就任(在籍6年半)
H16年〜H21年 民事専門の法律事務所に5年半勤務し、2つの法律事務所の兼任事務長として従事。
サラ金相手に個人で過払い請求訴訟を起こして元本満額+利息金を回収。
自分自身でも離婚を経験し、家族の交通事故の処理などを行う。
ワンルームマンションのオーナーとして、賃料の管理なども、すべて自分で行っている。
東京都行政書士会に登録(登録番号 第08080422号)
H21年〜現在 飯田橋総合法務オフィスの代表として、債権回収や離婚・労働問題など民事法務専門として活動中。
家賃保証会社など数社と顧問契約を締結。
東京都行政書士会新宿支部の支部滞納会費回収プロジェクト委員に就任。

行政書士 小竹 広光(2012年10月3日撮影) 行政書士 小竹 広光(2013年3月28日撮影)
(2012年10月3日撮影)(2013年3月28日撮影)



■法的手続きを取らなくても、債権回収は出来るの?

債権回収というと、大抵の場合、一般の書店も並んでいる書籍などをみても、弁護士の先生が書いたものが圧倒的に多いので、それらは、法的な手続きの説明が大半です。
訴訟、支払督促、民事調停、仮差押、即決和解、等など。これらは全て「法的手続き」であり、どれも、債権回収の方法の一つに過ぎません。
債権譲渡や相殺、内容証明や公正証書の活用、などについても、既存の道具や法律の定めを利用したものになります。
でも、実際のところ、誰でも、家賃や高熱費、その他、様々な支払いに追われて生活しておりますので、回収出来るかどうかというのは、支払いの優先順位の問題となるのです。
なぜ、何らの法的手続きも滅多に行わないサラ金業者やヤミ金が、高利であるにも関わらず、回収率が高いのか、逆に、どうして、気心の知れた親戚や心を許せる友達の方が、支払期限を引き延ばされて後回しにされるのか。
答えは簡単です。
債務者にとっての優先順位が高いか低いか、という問題なのです。

では、どうすれば、優先順位が高くなるのか?

優先して任意に支払いたくなるように「動機付け」をすることが必要です。

相手方の性格や、相手方との関係、債権の種類、等によって違いますが、主要な「動機」は、以下のようなものです。

  • 執拗に電話や書面による督促が止まらないから
  • 自宅や職場に乗り込まれるから虞があるから
  • 家族や知人、近隣、勤務先などにバレそうだから
  • 今後の付き合いに支障をきたしてしまうから
  • 裁判や刑事告訴など面倒な問題に発展しそうだから
  • とても多大な迷惑を掛けて申し訳ないと思うから
  • などなど。

その他、相手方に対して、どれだけの情報を得られているか、ということも重要です。
請求する相手の担当者は誰なのか?、、担当者、責任者、社長、、、その他。
請求する方法・手段は何があるか?、、電話、メール、FAX、郵便、、その他。
請求する相手の取引先や出入り業者、監督官庁、広告や求人の媒体、など、どの程度、把握できているか?

必要に応じて、商業登記簿謄本やホームページを確認することは当然として、最近であれば、フェイスブックやツイッターなどのSNSの利用の有無を調べたりすることで、重要な情報が得られることも、多くあります。

■債権回収は、弁護士に頼むのが一番じゃないの?

もちろん、裁判や強制執行などの法的手続きはもちろん、直接の示談交渉などは、弁護士の独占業務ですので、すべての対処方法を駆使出来るのは弁護士だけですし、弁護士は、「法の番人」といわれるように、法律のスペシャリストであり、絶対的な権限を有していますので、何よりも安心です。
また、弁護士事務所に勤務していた経験から、弁護士であるということだけで、相手方が素直に支払い応じてくるケースが多いことも、事実としてあるということは、理解しています。
一方、私の場合は、様々なアドバイスや文書の作成を通じて、依頼者を影で支える黒子のような存在でありますので、あくまで依頼者が主体となって動いていただき、私は、助言者 兼 文書作成者、というスタンスになります。
そのため、煩わしい手続きや面倒なことは行いたく無いという方の場合や、債権額が高額で相手方の人間性に問題があり、難易度が高いと思われる場合、などのケースについては、希望に応じて、最初から、債権回収に精通している弁護士を紹介させていただいております。
もっとも、自分自身が主体となって動くことが出来る、という方の場合は、是否、ご相談下さい。
私は、サラ金会社に勤務している当時には、破産手続きの依頼を受けた弁護士相手に、貸金の全額返済を納得させたり、失踪した債務者の元妻から全額弁済を取り付けたり、ヤクザの事務所に行って、親分から全額の代払いを受けたり、等など、豊富な実務経験を有しておりますので、法的手続きによらない債権回収について、十分な実践スキルもあり、実績もあげていますので、ご安心下さい。
少なくとも、下手な専門家に頼むよりは、私に頼んだ方が、間違いありません。(笑)
もっとも、回収が困難なもの、もしくは、回収不能だと思われるものについては、正直に、そのままお答えさせていただきますので、ご了承下さい。

これまでの実績


私が依頼を受けて債権回収に成功した最近の事例の一部を紹介します。

  • 退職した元勤務先から残業代200万円回収
    パン屋で過剰な時間外労働を強いられてきた元店長の依頼を受け、時間外労働手当金200万円の合意を取り付け、未払残業代の回収に成功。
  • 不倫の慰謝料1,000万円回収
    夫の不倫相手に対する慰謝料請求について、その妻から依頼を受けてサポートし、金1,000万円の示談合意を取り付け、慰謝料の回収に成功。
  • 悪徳商法の被害金170万円回収
    競馬の攻略法詐欺で反復継続して搾取されてきた被害者から依頼を受けてサポートし、被害金170万円全額の回収に成功。
  • 長年に渡ってタカリを繰り返してきた元妻から、360万円全額回収
    元妻から執拗に無心され、お金が無いから貸してくれ、と、メールで振込を催促したり、自宅の玄関前で待ち伏せしたりして、長年に渡ってお金を取られ続けてきた男性から依頼を受け、連帯保証人付の公正証書作成による分割弁済の合意を取り付け、回収に成功。
  • 建設工事の元請け会社から、請負工事代金1,700万回収
    建設工事の下請会社が、元請け会社から1年以上に渡ってから不払いされている工事代金について依頼を受けてサポートし、金1,700万円の回収に成功。

相談無料!全国対応”秘密厳守!

売掛金の債権回収

商品売買やサービス提供の代金、工事の請負代金、病院・医院の治療費、制作費、委託業務の報酬、飲み屋のツケ、月謝、会費、立替金、等々。


まずは、メール、FAX、またはお電話で、ご相談やお問い合わせをなさって下さい。
面談による相談をご希望される場合は、お手数ですが、事前のご予約をお願いします。

正式に依頼されるまで、費用は一切頂きません。
行政書士は国家資格者であり、行政書士法に基づいた守秘義務が課せられておりますので、秘密が外部に漏れることはありませんから、ご安心下さい。

お問い合わせ

お問い合わせ
ページトップへ

事務所概要

行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス 概要


【所在地】
 〒162-0822
  東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン1104
【事務所名】
 行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス
【代表者】
 行政書士 小竹 広光(東京都行政書士会 所属)
【連絡先】
 TEL:03−5206−7773
 FAX:03−5206−7780
 メール:info@e-gyoseishoshi.com
【アクセス】
 飯田橋駅 徒歩1分
 JR総武線
 営団地下鉄メトロ:有楽町線・南北線・東西線
 都営地下鉄大江戸線
【営業日時】
 営業:平日(月曜〜金曜)10:00〜18:00/定休:土日祝


料金・費用

債権回収サポート業務 料金・費用



1.着手金
行政書士報酬
 ※ご依頼時必要費用
32,400円(税込)

2.実費(法定費用)
郵便料 92円 
内容証明料 1,470円 
配達証明料 740円 
合計 2,302円 
※上記は通常の場合(5ページ以内)の料金です。


3.成果報酬
行政書士報酬
 ※債権回収時
成果金額の21.6%(税込)
※成果報酬には、回答書や反論書・債務承認書、債務弁済契約書、などの書類作成、
 および、リーガルチェック費用と相談料・コンサル料がすべて含まれます。
※刑事告訴状や公正証書の作成費用は含まれておりません。




相談無料!全国対応”秘密厳守!

まずは、メール、FAX、またはお電話で、ご相談やお問い合わせをなさって下さい。
面談による相談をご希望される場合は、お手数ですが、事前のご予約をお願いします。

正式に依頼されるまで、費用は一切頂きません。
行政書士は国家資格者であり、行政書士法に基づいた守秘義務が課せられておりますので、秘密が外部に漏れることはありませんから、ご安心下さい。

お問い合わせ

お問い合わせ
ページトップへ
Copyright © 債権回収サポート. All rights reserved.

債権回収 / リンク